の労働観は一体どういうふうに変わっていったのだろう. 欧米の労働観. 日本のここ10年ほどの労働時間を見ると、「一般労働者の労働時間はあまり減ってない」という結論に至りました。 しかし、今までの歴史的な流れを見る限り、 長期的には労働時間はほぼ間違いなく減って … 日本女性の社会地位に関する歴史的研究 シャジニナ・ハンナ はじめに 日本に来る前に面白い意見を聞いた。一番いいと言われているのはアメリカの給料をも らい、イギリス風の家を持ち、中国人の調理師を雇い、日本人の奥さんがいるということ である。 西洋人の考えの元になってるキリスト教では労働は神の与えた罰です。楽園(エデンの園)で苦労せずに暮らしていたアダムとイブは神の教えに逆らって楽園を追放されました。神はアダムに「死ぬまで額に汗してパンを得る」運命をあたえたのです。 つまり労働は神から与えられた罰でした。 しかし一週間のうち一日だけは労働から開放されました。そのかわり神に祈らなければいけません。それが安息日です。神は世界を作り7日目に休んだという創世神話からきています。だから日曜日は休みなのです … 日本の歴史の中で見られる児童労働は、欧米諸国との比較の中で、量的には尐ない と言われている。しかし、産業革命期を中心に日本においても児童労働は存在した。 そしてその多くの割合が女子であったところに大きな特徴がある。 日本の労働衛生史にみる健康観の変遷 金田 英子 はじめに 健康観とは、健康に対する見方や価値観を指すが、その様相は国により異な る。同一国の中でも、宗教・文化・政治などの影響を受け、時代とともに変化 をしている。 日本の 『労働時間短縮論議 一労働価値観と運動史観一 小 野 恒: 雄 1。 内発的xネルギーの欠如一「時短論議」の盲点一 歴史に残る諸変革を担った運動や政策は,それを必要とする差し迫った問題状況の中 … 欧米の労働観は宗教改革を契機に大きく転換し、日本ではイエ社会を基盤とした独自の労働観が形成されたと指摘する水町氏。そうした歴史が、現代の労働環境に影響しているという。 か。 この疑問に答えるため,本論文では,労働観を基本的 に歴史的・動態的・構造的なものとしてとらえ,日本人 の労働観に関する主な理論的研究および実証的調査研究 日本人は勤勉だ、とよくいわれます。その勤勉さは江戸時代に培われ、明治以降の近代化を支えたと。 でもこれは勝手な思い込みにすぎません。幕末に来日したヨーロッパ人が「こんなに怠け者が多い国はない」と書き残したくらいですから。 しかも、怠惰は日本に特有のことではありません。ヨーロッパ人は近代化を成し遂げた立場から、日本人を評したわけで、時代が下り、1960年代から70年代に東南アジアに出て行った日本 … これから先、人びとの労働観はどう変わっていくでしょうか。 社会生活を支える3K(汚い・きつい・危険)的な労働が世の中からなくならないとすれば、低賃金で働かされる「苦役としての労働」もなくならないのでしょうか。 日本の長時間労働は奈良・江戸時代の勤務時間から続いている勤勉な日本の仕事の生産性が低いことは、よく話題に上がるようになって来ています。真面目なのはいいことですが、真面目すぎて自殺していては元も子もありません。一体いつから日本はこんな国になっ 「1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」労働基準法に定められている法定労働時間についての一文です。8時間という労働時間など働くことについて定められた労働基準法は、いつ誰が決めたものなのでしょうか?日本の働く歴史についてまとめています。 Amazonで武田 晴人の仕事と日本人 (ちくま新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。武田 晴人作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仕事と日本人 (ちくま新書)もアマゾン配送商品なら … 早く働かせられる傾向がある。日本の過去の例は,女子の方が男子よりも 児童労働に従事しやすい理由に対して理解を深める一助になるだろう。 本章では,時代を大きく,近世以前,近代,現代に分け,日本における 児童労働の歴史を概観していく。 歴史、文化、宗教観の違いを踏まえて、「働き方 改革」を日本に導入する際の課題について、長 時間労働の背景とテレワーク浸透の阻害要因を 中心に検討する。 2. (2020.8.7 文京区の東京大学 社会科学研究所にて取材), text: Yoshie Kanekophoto: Rikiya Nakamura, 水町氏の著書『労働法 第8版』(有斐閣)では、法改正や判例の最新の動きも反映し、時代に合わせて変化する労働法の理論と実態を分かりやすく解説。事例が豊富に紹介され、初心者にも読みやすい。, 東京大学社会科学研究所教授。1967年佐賀県生まれ。1990年東京大学法学部卒業。2010年4月より現職。専攻は労働法学。主著に『集団の再生―アメリカ労働法制の歴史と理論』『「同一労働同一賃金」のすべて 新版』『労働法 第8版』(以上、有斐閣)、『労働法入門 新版』(岩波新書)、『詳解 労働法』(東京大学出版会)ほか。, [レイモンド・L・プライス×ブルース・A・ボジャック]イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校工学部教授/イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校工学部副学部長・非常勤講師, [横田幸信]東京大学i.school ディレクター、i.lab マネージング・ディレクター, [Essent (An RWE company)]s-Hertogenbosch, Netherlands. 「1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」労働基準法に定められている法定労働時間についての一文です。8時間という労働時間など働くことについて定められた労働基準法は、いつ誰が決めたものなのでしょうか?日本の働く歴史についてまとめています。 1 日本紡績業の成立と労働観の変化 ⑴ 日本紡績業の成長 戦前期紡績業は、近代日本をけん引する主要産業としての役割を果たした。 本節では、日本紡績業の成長過程を年表形式で記した表Ⅱ‒1をもとにしつつ明 らかにしていきたい。 日本人の働く意味が失われてしまった理由を、歴史から紐解いていきます。「収入を得て生活費を稼ぎ、余ったら娯楽・レジャーに費やすこと」が現代の多くの人の働く意味ですが、歴史を振り返ってみると、元々日本人はもっと誇り高い労働観を持っていました。 -99- 近代日本の経営思想とその特徴―労働観・利益観を中心として― 吉田 健一(鹿児島大学稲盛アカデミー准教授) Features of managerial philosophy in modern … ワーカー側と経営側という二つの視点からアプローチします。, いまの日本社会では、仕事に楽しさや喜び、やりがいを見出したい、あるいは働くことを通じて価値観や自分らしさを追求したいと思っている人が多いと思います。, ただ、世界の歴史を振り返ると、人間が文明を築いて以来、労働は長く苦しみと見なされてきました。労働が肯定的にとらえられるようになったのは、ごく最近のことです。, ヨーロッパ文明の原点である古代ギリシャでは、生きるための糧を得るために活動することは動物が生きるために獲物を捕まえることと同一視され、不自由で非人間的な卑しい行為と考えられていたのです。, 当時の人々が考えた、人間的で自由な活動とは「真・善・美」にまつわるものです。「真」は真実を追求すること、つまり哲学です。「善」は善いことの探求・実践ということで政治的活動であり、「美」は美しいものを眺めてきれいだなと感じること。こうした行為が自由を体現し、人間の存在価値を明らかにするものだと考えられてきたのです。苦しいものである労働は、戦争で負かした人を奴隷にして押しつけていました。, これがローマ時代になると、働くことの価値観が宗教の中に埋め込まれていきます。この時代に発展したキリスト教の旧教であるカトリックでは、聖書の中で、働くことは人間が生まれながらにして持っている罪を償うための罰であると位置づけました。, 具体的には、アダムとイヴが神に禁じられたリンゴを食べたことで、男であるアダムは食べものを自分で耕して作るという罰が与えられ、女のイヴには妊娠・出産の苦しみが与えられた。英語のlaborに「労働」と「陣痛、分娩」という意味があるのは、その教えを受けてのことです。罪を償うために、人間はそうした苦しみを引き受けなければならないとされたわけで、この文脈において働くことは苦しみと見なされていたわけです。, 東京大学 社会科学研究所は法学・政治学・経済学・社会学の4分野にまたがる総合的な社会科学の研究所。1946年8月に設立された。https://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/, 労働は神から与えられた罰であり、人間にとって苦しい活動であるというこの考えは、古代ギリシャからローマ・キリスト教を通じて中世まで続きました。しかし16世紀にルターやカルヴィンが主導した宗教改革で大きな転換を迎えます。, ルターらは免罪符を買って贖罪を得るという風潮を批判して、カトリック教会の腐敗を正したわけですが、このとき同時に働くことは神から命じられた「自由な行為」であると主張しました。カトリックと真逆の労働観を提唱し、社会に植えつけたのです。, 月曜から土曜まで一生懸命働いて日曜日に教会で祈りを捧げれば、神から救いの確証が得られるというのがプロテスタントの教えです。真面目に働くことが良いことなんだ、神様から与えられた仕事なんだと示した。ここでいわれるのはlaborではなく、ドイツ語の“Beruf”、日本語でいうところの「天職」です。職業は神から与えられたものということで、禁欲的に働くことに人々が意味を見出すようなります。, その後、勤労を良しとするこの価値観がドイツからイギリスへ渡っていきます。真面目に働こうという風潮の中で産業革命が起こり、さらに新大陸であるアメリカへとこの考えが伝播していきました。, アメリカはプロテスタントが作った国です。自分で働いて耕した土地は自分のものになるということで、東海岸から入って西海岸へ、さらに太平洋へ突き抜けてハワイにまで領土を拡張するに至りました。マックス・ウェーバーが言うように*、勤労を奨励するプロテスタンティズムの倫理に基づいた近代資本主義がアメリカで大きく花開くわけです。, * マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と近代資本主義の精神』(岩波書店、大塚久雄訳), こうして俯瞰すると、働くことの価値や意識が宗教の発展とともに変化したこと、とりわけカトリックとプロテスタントで大きく変わったことが分かります。真面目に働くことがいいことだという考えは、ヨーロッパでは16世紀以降に生まれた1つの流れに過ぎないということです。, 働くことに対する考え方の違いはいまも根強く残っていて、カトリックの影響が大きい国であるイタリアやスペイン、フランスなどでは仕事に縛りつけられることを嫌う傾向が見られます。仕事は定時で終えて、残業も時間外労働もしない。働くのは夏のバカンスを楽しむため。労働は罰であり、なるべく逃れようという意識があるわけです。, 一方、プロテスタントの影響が大きい国であるドイツやアメリカでは真面目に働くことがいいことだという意識が強い。働いた分、新しい財産を得られるというのは、まさにアメリカン・ドリームですよね。, ですから、いまでもやはりカトリック的な考え方とプロテスタント的な考え方があって、そのバリエーションが働くことに対する意識を非常に多様なものにしているのです。, 欧米の労働観が宗教と密接に関係しているのに対して、日本の労働観の根底にあるのはイエの理念であり、ムラ社会やイエ社会のしがらみが色濃く反映されています。, 例えば、江戸時代には働くことは「家業」として認識されていました。家業には、家族の生活手段を得るための「生業(なりわい)」と、社会に対して自らの役割を果たす「職分」という2つの側面があります。, このうち職分についていえば、江戸時代には士農工商という身分階級がありましたが、武士という支配階級だけでなく、被支配階級である農民、職人、商人も、それぞれ社会の中で身分を与えられている。それを一生懸命果たすことが、働くこととして意味があることとされました**。, このように、家族のため、世の中のために一生懸命働くという考え方が日本の労働観の中核をなしているわけです。, ** 石門心学を開いた石田梅岩はこの職分観を「四民の職分」と呼び、士農工商それぞれの階級で真面目に自分の仕事を果たすべきだと説いた。この考えは道徳観、宗教観としても民衆の間に広まり、結果的に与えられた身分を正当化・固定化して、政治機構の安定化にもつながったと水町氏は指摘する。, 江戸幕府が崩壊して身分制度がなくなった後でも、家族のために働き、社会から与えられた役割を果たそうという労働観が人々の間に根強く残りました。, それは「富国強兵」「立身出世」という言葉に見て取れます。農民の子も商人の子も、尋常小学校に行って勉強して、家族のために働いて身を立てることが奨励されました。明治、大正時代には先進諸国に追いつくため、国をあげて勉強や労働に勤しんだわけです。, 戦後の高度経済成長期には、社会におけるイエの役割が、会社・企業共同体にシフトしていきます。高度経済成長の中で企業共同体が家族的な存在にすり替わって準イエのような位置づけとなり、会社は家族なんだという意識が広がっていった。終身雇用制度もその意識を強化しました。, そんな状況でいつしか企業が疑似家族のように見なされ、“家族”である企業のために働くことがエトスとなって高度経済成長をもたらしたと考えられます。, 個人の自由を重視して、労働をなるべく避けようとするイタリアやフランスのような国があり、他方、真面目に働くことがいいことだとするドイツやアメリカのような国もある。日本はそもそも労働観の成り立ちが違うので、欧米各国と同列に論じることはできませんが、世間や会社のために懸命に働こうという意識は、ドイツやアメリカよりもっと強いと思います。, しかしその結果、真面目に働くことそれ自体が目的化しまったことは否めません。何のために働くか、自分は何を大事にしたいと思っているのかということを考えないまま、企業という組織に絡め取られてしまっている。, そしてそのまま1990年代のグローバル競争に突入してしまったことが、いまの日本の労働環境を息苦しくしている1つの要因だと思います。, 高度経済成長期は人口が増加していたので、組織に人がどんどん入ってきました。でもいまは少子化で若い人が入ってこない。なのにグローバル化でノルマや競争を強いられ、仕事は増える一方です。, そんな状況で自分は何のために働いているのかという価値観を意識できないまま、企業の論理で働かされ続けた結果が、ワークライフバランスの欠如、メンタルヘルスの不調、さらには過労死や過労自殺を生んでいるのではないでしょうか。, こうした日本の労働環境は健全ではないし、抜本的に変える必要があるということで、いま取り組みが進められているのが働き方改革です。加えて、デジタル化やアフターコロナを見据えて、まさにいま働き方は大きな転機を迎えています。次回、その実情について詳しく話します。, WEB限定コンテンツ 朝鮮の歴史観(ちょうせんのれきしかん)では、朝鮮の歴史観について説明する。 日本統治期における朝鮮人による歴史学には、民族史学(民族史観)、社会経済史学(唯物史観)、実証史学という3つの大きな流れがあり 、日本から見た朝鮮史観(いわゆる「植民史観」)と対立していた。 このように、日本人の労働観に見られる「企業帰属意識」というものが現代に見られる労 働問題の原因の一つとなっているのだ。 1. 2 日本人の労働制度の歴史 はしがきでも述べたが、日本の労働制度における主な特徴としては終身雇用制と年功制 このたび、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)(※以下歴博)では、企画展示「性差(ジェンダー)の日本史」を2020年10月6日(火)~12月6日(日)に開催いたします。 時の流れに浮かんでは消える無数の事実を指す「歴」と、それを文字で記した「史」。 ――日本における労働と生活の歴史的変容―― 斎藤 修 (一橋大学経済研究所) はじめに 1980年代後半ロナルド・ドーアは、日本の企業システムに適切な比較労使関係論 的評価を下した自著の日本語版序文にこう書いた。 「経済効率性は勿論大切である。 日本人は世界でも長時間労働が多い国民だと言われます。年々労働時間は減少しているとは言われますが、2010年段階でも日本人は 先進国(30カ国)の中で第2位 。韓国に次いで長時間労働(週49時間以上)比率が高いのだそうです。 三田会館の中には、社会運動の歴史とメッセージにふれることができる友愛労働歴史館があります。地下鉄芝公園駅から徒歩1分、jr田町駅、jr浜松町駅から徒歩8分の好立地。東京タワーを目の前に望む、ビジネスにご旅行に便利なビジネスホテルです。 日本の歴史の中で見られる児童労働は、欧米諸国との比較の中で、量的には尐ない と言われている。しかし、産業革命期を中心に日本においても児童労働は存在した。 そしてその多くの割合が女子であったところに大きな特徴がある。 日本以外の国では(特に一神教の宗教色が強い国) 労働は苦役 と理解されている。 戦後は 欧米化 が進んで、日本も同じようになってきているので気づきにくいかもしれないが、欧米の人は週末や休日を異常なほど喜び、パーティーやらお祝いに勤しむ。 平積みされる「日本凄い」本に辟易 初めまして。ライターのドリーと申します。 昨今、私には大変気が滅入っていることがあります。 それは「日本凄い」的な語を冠した本が、書店に平積みされていること … 日本の労働環境は海外の労働環境と比べると劣悪な状態です。日本は先進国でありながら労働環境はまだ後進国と同じ状態です。もし劣悪な労働環境で働く事になっても諦めず、上司に相談したり、できることはしましょう。また良い労働環境で仕事ができれば今の環境に感謝しましょう。 (厚生労働省制作 「働く女性のあゆみ展示」より抜粋) 第1期 日本の近代化を支えた女性たち<1867 年 - 1910 年> 第2期 「職業婦人 「職業婦人 」と「主婦」の誕生 <1911年 - 1929年> 第3期 戦時の女性労働<1930 年 - 1945 年> 日本と欧米の条文を比較することで、日本人の労働観が見えてくる。 上で紹介してきた本が指摘するような「日本型雇用」の特徴を、実際の「法律」や「判例法理」が反映しているので、本書を読むことでさらに理解が深まるだろう。 その歴史的な変遷を見ながら、現在を考えたいと思ったからだ。 仕事「観」の歴史的変遷は? 労働の起源は「苦役」 (2ページ目):日経ビジネス電子版 各国の働き方改革 2.1 アメリカの働き方改革 リクルートワークス研究所(2018a)によると の層を取り巻く状況が変わらなければ、価値観の変 革は難しいだろうとも想像できる。 3 日本女性の労働の歴史 ここからは、日本の女性たちの労働の歴史を見て いく。ここでは男女雇用機会均等法以前を戦前・戦 中・戦後に大別して歴史を振り返る。 日本と欧米の条文を比較することで、日本人の労働観が見えてくる。 上で紹介してきた本が指摘するような「日本型雇用」の特徴を、実際の「法律」や「判例法理」が反映しているので、本書を読むことでさらに理解が深まるだろう。 日本の歴史のなかで奴隷と思われる存在の最古の例は、『魏志倭人伝』に登場する「生口(せいこう)」です。 これは『後漢書』や「広開土王碑」にも見られる語句で、本来は捕虜を意味していたようですが奴隷と同義と考えられています。 その歴史的な変遷を見ながら、現在を考えたいと思ったからだ。 仕事「観」の歴史的変遷は? 労働の起源は「苦役」 (2ページ目):日経ビジネス電子版 当サイトを快適にご利用いただくには、ブラウザでJavaScriptを有効にしてください。, 人間は古来、営々と労働してきました。「労働」というものをどうとらえるか。これは人により、国により、時代によりさまざまです。労働は当初、生命維持のためにやらねばならない苦役という否定的な見方が主流でした。時代が進むにつれ、骨折りとしての労働は次第に多様なとらえ方をされはじめます。, 古代ギリシャのポリス(都市国家)では、食物を作る農耕作業はじめ労働は奴隷が行います。その労働は自然に支配され、身体を酷使し、人間の生理的な欲求を満たすだけの目的であることから軽蔑されました。, また、奴隷とともに、生活用具を作る職人やそれを売買する商人も否定的なまなざしで見られました。, キリスト教において労働はまず、聖書の一節「お前は顔に汗を流してパンを得る。土に帰るときまで」(「創世記」第3章)がベースにあります。神に背いて木の実を食べてしまったアダム。そのとき以来、人間には罰として労働が課せられたのでした。, しかし、罰という否定的な烙印を押された労働も、一方では人間の怠惰を防ぐ営みとして肯定的にとらえられる部分もありました。それは使徒パウロの新約聖書の言葉「働きたくない者は、食べてはならない」に表れています。, そしてアウグスティヌス(354-430年)やベネディクト(480-550年ころ)の時代になると、労働は修道制度の中に組み込まれていきます。そして中世の時代、労働は祈りや冥想とともに重要な行いのひとつになったのでした。, 16世紀、ルターの宗教改革によって、教会や司祭は否定され、個々の信徒は神と直接向き合うようになりました。信徒たちは魂の救済の確証を仕事に求めます。, 与えられた仕事にできるかぎり励むことを宗教的使命ととらえていく流れができてきます。これが「vocation」(召命:しょうめい)、「calling」(天職)という概念の起こりです。どちらも「(神の)呼ぶ声」という意味合いです。, さらには、禁欲と勤勉な労働によってもたらされる富の増大をも積極的に肯定する考え方がプロテスタント(特にカルヴァン派)の中から盛り上がりをみせます。ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーが、資本主義の精神の萌芽がこのあたりにあると考察したことは有名です。かつては祈りのもとに労働があったものが、その重心は次第に入れ替わり、「働け・成功せよ、かつ祈れ」となっていく時代です。, フランス革命(1789年)をはじめとする市民革命により、人びとは政治的平等や経済的自由を手にします。そこでは職業倫理が宗教から切り離され、労働の意義づけが一気に世俗化していきます。, 個々の人間にとって、もはや仕事・事業は成功者になるための手段としておおいに称揚されるものとなります。特に希望の新大陸アメリカでは、「アメリカン・ドリーム」という立身出世の概念が人びとを経済的成功へと駆り立てました。, また、産業革命による大量生産技術と勃興する資本主義とが結びついて、一方に少数の資本家、他方に多数の賃金労働者が生まれたのも近代の特徴です。封建制度から解放された市民の多くは企業に雇われ、工場で働くことで生活を維持する存在になりました。, 資本家から搾取され、機械のリズムに合わせて単調に反復する労働は、人間の疎外化をまねいているのではないか。労働に対する、新しい否定的な見方が社会全体に広がってくるのでした。, そんなころ、労働価値説を唱えたのがアダム・スミス(1723-1790年)です。スミスは国家の富の源泉は、貿易によって得た金銀などの財貨ではなく、国民の労働であると考えました。「労働を尺度にした価格こそが真の価格であり、通貨を尺度にした価格は名目上の価格にすぎない」(『国富論』)。, こうした労働価値説に大きく影響を受けたのが、カール・マルクス(1818-1883年)です。彼は、疎外化された労働や資本主義を超克した先に共産主義社会が現われるという一大理論を書き上げることになります。, またこの時代、手工業職人らの間では、ものづくりを一つの道として、製造物を作品として高めようとする精神が次第に醸成されていきます。, 産業革命によって安価で粗悪な日用品が大量に製造される中、イギリスの工芸家ウィリアム・モリス(1834-1896年)は、芸術と工芸を融合させる「アーツ・アンド・クラフツ運動」を主導しました。, モリスは『ユートピアだより』の中で「仕事そのものの中に自覚された感覚的な喜びがあるからです。つまり、芸術家として仕事をしているのですね」と書いています。職人の仕事はもはや苦役的な〈labor:労働〉などではなく、自負を伴った〈work:作品づくり〉であることを主張しています。, 第二次世界大戦後の先進諸国において、労働者の多くは、企業や官庁など組織に雇われるサラリーパーソンになっていきます。, 彼らの就労意識は、「悪くない給料とまずまずの年金、そして自分と限りなくよく似た人達の住む快適な地域社会に、そこそこの家を与えてくれる仕事に就こうとする」(ウィリアム・H. Amazonで今村 仁司の近代の労働観 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。今村 仁司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また近代の労働観 (岩波新書)もアマゾン配送商品なら通常 … 人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズが提供する連載・コラム、「統計資料から見た現代の労働観【前編】」です。リクルートマネジメントソリューションズは人材育成、組織開発から営業力強化まで、経営・人事課題解決を支援します。 欧米の労働観は宗教改革を契機に大きく転換し、日本ではイエ社会を基盤とした独自の労働観が形成されたと指摘する水町氏。そうした歴史が、現代の労働環境に影響しているという。 これから先、人びとの労働観はどう変わっていくでしょうか。 社会生活を支える3K(汚い・きつい・危険)的な労働が世の中からなくならないとすれば、低賃金で働かされる「苦役としての労働」もなくならないのでしょうか。 早く働かせられる傾向がある。日本の過去の例は,女子の方が男子よりも 児童労働に従事しやすい理由に対して理解を深める一助になるだろう。 本章では,時代を大きく,近世以前,近代,現代に分け,日本における 児童労働の歴史を概観していく。 オフィス空間の工夫だけでなく、行動習慣やプロセスを変えるソフト面での取り組みにもフォーカスします。, 新しい組織運営を行う企業や、大きな組織でのチェンジマネジメントの実例を取材します。 新たなステップに移行するときの組織ジレンマ、必要な決断とプロセスを掘り下げます。, 時代を切り拓く新しいワークスタイルの実践者にスポットを当てます。 先進的な働く場づくりに取り組む組織をレポートします。 Amazonで今村 仁司の近代の労働観 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。今村 仁司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また近代の労働観 (岩波新書)もアマゾン配送商品なら通常 … 日本以外の国では(特に一神教の宗教色が強い国) 労働は苦役 と理解されている。 戦後は 欧米化 が進んで、日本も同じようになってきているので気づきにくいかもしれないが、欧米の人は週末や休日を異常なほど喜び、パーティーやらお祝いに勤しむ。 長時間労働の是正を目指し、政府主導で「働き方改革」が推進されている。本稿では、欧米の柔軟な働き方を概観し、歴史、文化、宗教観の違いを踏まえて、「働き方改革」を日本に導入する際の課題について、長時間労働の背景とテレワーク浸透の阻害要因を中心に検討を行った。 ホワイト『組織の中の人間-オーガニゼーション・マン』1956年)ものとなります。, 「生業としてのサラリーパーソン」をまっとうするために必要なことは、組織から言い渡される大小の無理難題を忍耐強くこなし、担当業務に勤勉であること。戦後の日本もこの会社員の勤勉さによって支えられてきました。, ところが今日では、仕事が自己実現や社会貢献の機会であってほしいと願う人たちが増えています。それは忠誠心の向け先が組織から、仕事そのものへ変わってきたともいえます。こうした流れにあって組織は、従業員に対し、いかにやりがいのある仕事や有意義な仕事動機を与えられるかが重要な課題となってきています。, とはいえ、組織側が働き手を酷使する流れも依然としてあります。不当な低賃金、悪質な労働環境で従業員を働かせるいわゆる「ブラック企業」の存在は、いまも頻繁にメディアで報じられています。現代版『蟹工船』物語と言っていいかもしれません。また、企業に勤める従業員が、みずからを「社畜」と呼ぶこともあります。組織の都合のいいように飼い慣らされた自分を自嘲的に揶揄する言葉です。その意味では、古代から延々と続く苦役としての労働の姿がいまだそこにあります。, これから先、人びとの労働観はどう変わっていくでしょうか。社会生活を支える3K(汚い・きつい・危険)的な労働が世の中からなくならないとすれば、低賃金で働かされる「苦役としての労働」もなくならないのでしょうか。, もし、ある国がベーシックインカム制度を導入して、全国民に最低限度の収入保障を与えるようにすれば、人びとはいわゆる「食うための仕事」から解放され、自己実現や社会貢献につながる仕事に勤しむようになるでしょうか。あるいは、いっそ働くこと自体をやめてしまうでしょうか。, ちなみにこの問いに対し、マルクスは共産主義による理想国家が実現した暁には、人びとはもはや一つの分業に縛られない状態を想像しました。つまり、朝には狩りをして、昼過ぎには魚を獲り、夕方には家畜を飼い、食後には批評をする生活の可能性です。「能力に応じて働き、必要に応じて取る」という社会がそこにはあります。, ところがイギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズは少し違った想像をしたようです。彼は1930年に書いた「孫の世代の経済的可能性」の中で、これから100年後には食うために働くという経済的な問題は解決され、人類は初めて、その自由になった状態をいかに使うかという問題に向き合うだろうと予測しています。, そしてこう書いています──「経済的な必要から自由になったとき、豊かさを楽しむことができるのは、生活を楽しむ術を維持し洗練させて、完璧に近づけていく人、そして、生活の手段にすぎないものに自分を売りわたさない人だろう」。, しかしこういった人は世の中にごくわずかであり、大多数は目的を喪失し、暇を持て余してノイローゼになってしまうと想像しています。, そのためケインズは、皆で仕事を分け合って、1日3時間、週15時間働くようにすれば、問題の解決をとりあえず先延ばしできるとも書いています。現在で言うワークシェアリングの発想です。, さて今後、社会の高齢化が進み、リタイヤする人たちが増えていきます。年金で十分に生活ができる彼らの中でも、まだ働き続けたいと思う人が多く出てくるでしょう。それは誰しもなんらかの形で社会に帰属し、世の中と交流したいと欲するからです。ボランティア活動含め「社会参加としての仕事」は今後ますます広がってくると思われます。, また、「趣味としての仕事」「ゲームとしての仕事」がまったく普通の労働観になるかもしれません。, いまや動画サイトに趣味的な映像を制作公開して金を稼ぎ出す人、趣味的な物品を買い付けて通信販売する人、1日中パソコン画面上の取引数値を見つめ、ゲーム感覚で株や外貨をトレードする人……そんな活動で人生を送っている人たちが増えています。手軽で安価なテクノロジーが普及することにより、今後はだれもが遊びを職業化できるチャンスを持てるようになりました。会社員が副業/複業として、遊び感覚の仕事を持つケースも増えてくるでしょう。, 自分はどんな労働観をもっていて、どんなキャリアを歩んでいきたいのか、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。, 【自動車×グロービス】これからの自動車業界で求められるスキルとマインドとは※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) オンラインにて開催(Zoomを使用), 20代・30代にMBAは何を提供するのか?~ニューノーマル時代に必須の価値創出力とは~※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) オンラインにて(Zoomを使用), 【zoom開催】MBA入試説明会&体験クラス~グロービスMBAの特徴を知りたい方/1月入試出願をご検討の方向け~※1月入試向け最終開催, 【東京校にて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~※会場:麹町駅徒歩1分/半蔵門、四ッ谷、市ヶ谷駅徒歩10分 東京校, 【仙台校にて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~ 仙台校, 【横浜新キャンパスにて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~※会場:JR横浜駅直結JR横浜タワー14F JR横浜駅直結 JR横浜タワー14F, 【出版記念セミナー】「神マンガのストーリーで学ぶMBA入門」~マンガからビジネスで必要なスキルやマインドをどう学ぶのか?~※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) オンライン, キャリアセミナー~ジョブ型雇用の時代を自分らしく生き抜くヒント~※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) オンラインにて(Zoomを使用), 【MBA×事業承継】MBAは地方企業の経営者にとって役に立つのか? ~事業承継者の学びの流儀~※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) オンラインにて開催(Zoomを使用), 【水戸キャンパスにて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~ まちなか・スポーツ・にぎわい広場(水戸市), 【大阪校にて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~※会場:新大阪駅中央改札直結/JR在来線新大阪駅東改札口徒歩3分 大阪校, 【名古屋校にて開催】学長セミナー創造に挑み、変革を導く~MBAに学び、MBAを創る~学長:堀義人講演 名古屋校 JRゲートタワー27F, 【福岡校にて開催】学長セミナー創造に挑み、変革を導く~MBAに学び、MBAを創る~学長:堀義人講演 福岡校, 【東京校にて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~ 東京校, 【横浜キャンパスにて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をご体感ください~※会場:JR横浜駅直結JR横浜タワー14F JR横浜駅直結 JR横浜タワー14F, キャリアセミナー~ジョブ型雇用の時代を自分らしく生き抜くヒント~※PC/スマートフォンから参加可能 オンラインにて(Zoomを使用), 【大阪校にて開催】体験クラス&説明会~キャンパスの雰囲気をぜひご体感ください~※キャンパス開催は1月期向け最終 大阪校, 【名古屋校にて開催】学長セミナー 創造に挑み、変革を導く-MBAに学び、MBAを創る~グロービス経営大学院学長堀義人講演~ 名古屋校 JRゲートタワー27F, 〈年内最終〉【オンラインにて開催】体験クラス&説明会※PC/スマートフォンから参加可能. 日本人の労働観 ―意識調査にみるその変遷― 清川 雪彦 山根 弘子 1 なぜ「労働観」が問われねばならないのか? 2 「労働観」に関する各種の調査 3 調査間の横断的比較(1978 年)と時系列的変化 4 結び 1 なぜ「労働観」が問われねばならないのか? 日本人の労働観についてネットで検索してみると、日本人の勤勉性の中心に江戸時代の仏教思想があり、生活の全てを修行と捉えるようになったことがその起源であると説明している例が多いようです。 日本人の労働観についてネットで検索してみると、日本人の勤勉性の中心に江戸時代の仏教思想があり、生活の全てを修行と捉えるようになったことがその起源であると説明している例が多いようです。 日本は経済のみならず、世界一の平均寿命を持つ、健康においても世界の大国となった。しかし、今、日本は21世紀に向けて新しい挑戦、つまり人類が経験したことのない高齢社会に向け、高齢者が生き生きと暮らせる社会づくりを目指さねばならない。 日本型雇用システムとは、終身雇用、年功序列賃金、企業内組合のいわゆる「3種の神器」を中心とした日本企業にみられる固有の雇用システムです。この記事では日本型雇用システムの特徴・歴史だけでなく、メリット・デメリットをわかりやすく解説しています。 欧米の労働観. 日本の長時間労働は奈良・江戸時代の勤務時間から続いている勤勉な日本の仕事の生産性が低いことは、よく話題に上がるようになって来ています。真面目なのはいいことですが、真面目すぎて自殺していては元も子もありません。一体いつから日本はこんな国になっ 今の働き方に至ったキャリアと、その人とつながる人々との交流の様子を取材します。, これからどんな働き方が求められるのか、その兆しをさまざまなジャンルの有識者に聞きます。 日本の労働環境は諸外国に比べて悪いのか?日本で働いていると、これが当たり前と思ってしまうため良いのか悪いのかわかりません。しかし労働環境の悪さを感じるニュースをよく目にするのも事実です。日本の未来のために労働環境の改善は必須です。 日本のここ10年ほどの労働時間を見ると、「一般労働者の労働時間はあまり減ってない」という結論に至りました。 しかし、今までの歴史的な流れを見る限り、 長期的には労働時間はほぼ間違いなく減って … 古代ギリシャのポリス(都市国家)では、食物を作る農耕作業はじめ労働は奴隷が行います。その労働は自然に支配され、身体を酷使し、人間の生理的な欲求を満たすだけの目的であることから軽蔑されました。 また、奴隷とともに、生活用具を作る職人やそれを売買する商人も否定的なまなざしで見られました。 日本の歴史のなかで奴隷と思われる存在の最古の例は、『魏志倭人伝』に登場する「生口(せいこう)」です。 これは『後漢書』や「広開土王碑」にも見られる語句で、本来は捕虜を意味していたようですが奴隷と同義と考えられています。 日本人の働く意味が失われてしまった理由を、歴史から紐解いていきます。「収入を得て生活費を稼ぎ、余ったら娯楽・レジャーに費やすこと」が現代の多くの人の働く意味ですが、歴史を振り返ってみると、元々日本人はもっと誇り高い労働観を持っていました。 日本は世界でも労働時間が長く、仕事でストレスを抱えている人も多いと言われています。筆者の暮らしているイギリスでは、日本とは違った働き方、労働観があり、仕事をする環境がずいぶん違っているように思います。今回の記事では、日本と比べてのイギリスの 日本人は世界でも長時間労働が多い国民だと言われます。年々労働時間は減少しているとは言われますが、2010年段階でも日本人は 先進国(30カ国)の中で第2位 。韓国に次いで長時間労働(週49時間以上)比率が高いのだそうです。 ――日本における労働と生活の歴史的変容―― 斎藤 修 (一橋大学経済研究所) はじめに 1980年代後半ロナルド・ドーアは、日本の企業システムに適切な比較労使関係論 的評価を下した自著の日本語版序文にこう書いた。 「経済効率性は勿論大切である。 16 戦後日本における文化運動と歴史意識 ある。その反面白分史の中には、経済活動の尖兵であった人々が停年に達して会社を退職し、過去 を省みつつ、妻と二人で老境を生きる喜びを表現している文章も … 三田会館の中には、社会運動の歴史とメッセージにふれることができる友愛労働歴史館があります。地下鉄芝公園駅から徒歩1分、jr田町駅、jr浜松町駅から徒歩8分の好立地。東京タワーを目の前に望む、ビジネスにご旅行に便利なビジネスホテルです。
巨人 松井義弥 怪我, ヴィルトゥス サッカー 足立区, キングコング 西野 手紙, 日ハム ガールズユニフォーム 2020, エキゾチックショートヘア 販売 東京, アメリカ 州都 なぜ, 駒場学園 進学コース 評判,